太陽と海の楽園・仁志路島にしじとう

仁志路島にしじとうは日本の有人島として最西端に位置する与那国島、領土として最南端の沖ノ鳥島のちょうど中間あたりに存在する絶海の孤島で誰も知りません。

仁志路島(にしじとう)PR動画

仁志路島公式YouTubeチャンネル

太陽がさんさんと降り注ぐ仁志路島は周囲をさまざまな種類のサンゴ礁に囲まれ、その海は太陽の光によってエメラルドグリーン、ターコイズブルー、コバルトブルーとさまざまな表情を見せてくれるだけでなく、非常に透明度が高く『悲しくなるほど美しい』と称されるほどで、類まれなその青さは『仁志路ブルー』と呼ばれています。

また、日本でありながら日本列島や琉球諸島からも遠く離れていることから、島民は独自の文化が発達しているだけでなく、海洋生物や陸上生物たちも独自の進化を遂げていることから『日本のガラパゴス』とも称されていて、人間本来の生活ができる理想的な虚構の島です。
仁志路島週間天気
仁志路島今日の天気

仁志路島通信

タイトルとURLをコピーしました